<相続>顔も見たことがない父が死んだと聞かされました。

Question:

顔も見たことがない父が死んだと聞かされました。父は資産家だったということです。私は、父の遺産を相続できるのでしょうか。

Answer:

まず、民法では、「被相続人の子は、相続人となる」(民法887条1項)と定めており、「子」は、亡父の相続人となります。

民法上、「子」には2種類あり、「実子」と「養子」があります。
いずれも「子」ですので、亡夫の相続人となります。

「実子」とは、民法上直接その意味を定めた規定はなく、日本語として理解します。
新明解国語辞典には「〔継子・養子に対して〕その人の生んだ子供。生みの子」とあり、岩波国語辞典には「血縁上の、本当の子。生みの子。実の子」とありますが、「父母の生殖行為により生まれた子」と考えればよいでしょう。

「養子」についても規定はありません。
新明解には「〔実子に対して〕養子縁組によって子の資格を得た人」、岩波には「養子縁組によって子となった者」とあります。
これは「養子契約により子となった者」と考えましょう。

次に、民法では、親子の関係について、いわゆる嫡出子と非嫡出子を区別しています。

嫡出の意味についても、民法上定められているわけではないので、日本語として理解します。

新明解には「正妻から生まれること」とあり、岩波には「正妻が生むこと。正式の夫婦間に生まれること。」とあります。

角川漢和中事典をみると「嫡」という漢字のつくりには「適する」という意味があるようで、適する女ということで「本妻、正妻」のことを意味するようです。

以上について、まずご自分が亡夫の実子なのか、それとも養子なのかを確認します。
ご質問のケースでは、顔も見たことがないということですから、おそらく実子なのでしょう。
そして、実子の場合、ご自分が嫡出子なのか非嫡出子なのかを確認します。

この確認の最も簡単な方法は、ご自分の「氏」つまり名字が母と同じなのか、それとも亡夫と同じなのか、で判断します。
これは、民法に「嫡出である子は、父母の氏を称する」(790条1項)、「嫡出でない子は、母の氏を称する」(同条2項)と定められているからです。

ただし、例外もありますので、最も確実な方法は、ご自分の戸籍を役所で取得し、ご自分の記載事項を確認することです。
戸籍には【父 ○山○男】【母 ○川○子】などと、父母の記載があり、これでご自分の父を確認することができます。

母は、ご自分が母親と認識しているその人でしたでしょうか。
別人だとすると、「顔も見たことがない父が死んだ」という話がそもそもおかしい、ということになります。

ここでは、母に間違いはなく、父もその「顔も見たことがない父」だという前提としましょう。
(つづく)

投稿日:
カテゴリー: コラム