カテゴリー
法律相談

<政治>憲法9条ってなに?

Question:

最近,集団的自衛権が話題になってるが,どうやら憲法9条の問題らしい。憲法9条ってなんですか?

Answer:

日本国憲法9条のことですね。

日本国憲法は,日本が法治国家である以上,日本という国家のあらゆる基礎となる法(根本規範)です。日本国憲法に違反することを,憲法違反(違憲)と言います。日本という国家が日本国憲法を基礎として成り立っている以上,国家が日本国憲法に違反することは,みずからを否定することになりますので,日本は法治国家ではなくなります。

日本国憲法は,1945年の敗戦を契機に制定されたものですが,原案は連合国総司令部民政局で起案され,大日本帝国憲法下である1946年6月から10月までの帝国議会で審議,可決されたものです。

日本国憲法9条は,次の規定です。

1項 日本国民は,正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し,国権の発動たる戦争と,武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を解決する手段としては,永久にこれを放棄する。

2項 前項の目的を達するため,陸海空軍その他の戦力は,これを保持しない。国の交戦権は,これを認めない。

ご覧のとおり,9条には,「集団的自衛権」のことは全く書かれていませんし,「自衛権」のことも,「自衛戦争」のことも書かれていません。

1項は,日本国民が永久に放棄するものとして,「国際紛争を解決する手段」としての①国権の発動たる戦争,②武力による威嚇,③武力の行使,の3つを定めています。

(つづく)