ペットの扱い

日本の法律では、ペットは「物」です。

したがって、ペットは、権利の主体とはなりません。すなわち、ペットに権利義務は発生しません。

また、ペットは「動産」であり、その価値は基本的には売買価格となります。

投稿日:
カテゴリー: コラム