カテゴリー
法律相談

公訴時効

犯罪は,その犯罪行為が終わった時から時効が進行し(刑事訴訟法253条1項),以下の期間を経過することにより時効が完成します(同法250条)。

人を死亡させた罪であつて死刑に当たるもの

公訴時効は認められない。

人を死亡させた罪であつて禁錮以上の刑に当たるもの(上記を除く。)
  1. 無期の懲役又は禁錮に当たる罪については30年
  2. 長期20年の懲役又は禁錮に当たる罪については20年
  3. 前2号に掲げる罪以外の罪については10年
上記2つ以外の罪
  1. 死刑に当たる罪については25年
  2. 無期の懲役又は禁錮に当たる罪については15年
  3. 長期15年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については10年
  4. 長期15年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については7年
  5. 長期10年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については5年
  6. 長期5年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については3年
  7. 拘留又は科料に当たる罪については1年