<刑法> パチンコは賭博か?

Question:

パチンコは賭博じゃないの?

 

Answer:

そうです、賭博です。

 

刑法は単に「賭博をした者」と定めるだけで(185条・186条)、「賭博」の意味について定義をしていませんが、一般的に、賭博とは、

「偶然の勝敗によって、財物その他財産上の利益の得喪を争うこと」

をいうとされています。

 

パチンコというものを説明してみると、パチンコ玉を有償で借りてこれを遊技台に投入し、玉を遊技台に設置された当たり・はずれのいずれかの穴に通過させることによって持玉の増減を争い、遊技終了時に持玉があれば、これを景品ないし現金に交換するもの、ということになると思います。

 

そして、玉が遊技台の当たり・はずれのいずれの穴を通過するかは、偶然に左右されます。

もっとも、どの穴を通過させるか、操作可能とすることもできるようですが、本来は、偶然に左右されるといってよいでしょう。

したがって、パチンコが刑法上の賭博に該当することは明らかです。

 

ところで、刑法は、「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるとき」は処罰しないと定めています(185条ただし書)。

判例上、そのようなものとは、即時娯楽のために費消するような物をいい、金銭は性質上そのようなものに当たらないとされています。

パチンコは直接的にはパチンコ玉の増減を争うものですが、使用するパチンコ玉はパチンコ店から有償で借り受けるものであり、遊技終了時に玉を景品ないし現金に交換するのですから、結局、パチンコ玉を借り受けた金銭を賭けるものです。

したがって、パチンコは「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまる」ものとはいえず、刑法に定められた処罰の対象となるのです。

 

ところが、現実として、パチンコが賭博罪として処罰されることはありません。

その理由について、「交換所」を経由して換金するから賭博にならないといわれることもありますが、刑法上そのような除外規定はどこにもありませんし、現にバカラ賭博で「交換所」を設置してそこで換金をしていたとしても、過去に賭博罪として処罰された例はいくらでもあります。

 

しかし、それでもパチンコは処罰されません。

 

翻って、なぜ賭博が処罰されるかというと、「一攫千金を夢見る射幸心が行きすぎると、勤労意欲を失って家庭生活に不幸をもたらし、さらにそのような国民が増えると国民経済が停滞するとともに、賭博を資金源とする博徒などの暴力団を繁栄させる弊害もある」ということがその理由です。

これらの理由からすると、賭博処罰の理由は、政策的なものであると言ってよいでしょう。

 

一方、射幸心は誰にでもあります。

そのような気持ちをもつかどうかは個人の内心の自由に属する問題であり、これを無闇に禁ずるわけにはいかないでしょう。

 

さらに、現状として、パチンコ業界はれっきとして存在し、パチンコを賭博として処罰するならば、パチンコ業界で働く人々はその職業を諦めざるを得なくなってしまいます。

 

私見としては、パチンコを合法化する立法をして、けじめをつけるべきであると思います。

最近、地方活性化の観点からカジノ特区の設置が言われることがありますが、その前にもう一度賭博に対する態度を改めて考え直し、カジノ特区への道筋をつけるためにも、そして日本が法治国家である以上、全国どこにでもあるパチンコの合法化を図らなければならない、と思っています。

 

 

 

 

投稿日:
カテゴリー: コラム