カテゴリー
法律相談

賭博

旧記事:パチンコは賭博か?

「○○は賭けに出た!」などと言われるように,賭けは日常的に行われています。ところが,刑法には,「賭博及び富くじに関する罪」の章をもうけて犯罪として国家刑罰権を行使しようとしています。

その趣旨は,「賭博行為は,一面互に自己の財物を自己の好むところに投ずるだけであって,他人の財産権をその意に反して侵害するものではなく,従って,一見各人に任かされた自由行為に属し罪悪と称するに足りないようにも見えるが、しかし、他面勤労その他正当な原因に因るのでなく,単なる偶然の事情に因り財物の獲得を僥倖せんと相争うがごときは,国民をして怠惰浪費の弊風を生ぜしめ、健康で文化的な社会の基礎を成す勤労の美風(憲法第27条1項参照)を害するばかりでなく,甚だしきは暴行,脅迫,殺傷,強窃盗その他の副次的犯罪を誘発し又は国民経済の機能に重大な障害を与える恐れすらあるのである。」(最高裁昭和25年11月22日大法廷判決)からなのだそうです。

そうならば,公営賭博である競馬・競輪・オートレース・ボートレースもだめなはずなのに,これらは認められている。ちょっと国民をばかにした議論ですね。

胴元が公営ならよい,というのはいかにもおかしな話です。しかもカジノも認めようとしている。筋がとおりません。

賭博は非犯罪化すべきです。娯楽の選択枝がたくさんあるほうが人生が豊かになるに決まってるじゃないですか。

ちなみにギャンブル依存症になってしまう人もいます。これに対しては,他の依存症と同様に病気として治療すればよいと思います。国家が刑罰権をもって対応するような問題ではないと思います。アルコールもたばこも買い物もセックスもみんな依存症があるから国家刑罰権を発動するというわけにはいかないでしょう。

ちなみに,宝くじも,自動車保険も,生命保険も,偶然の事情により,お金の支払が発生するので,この点においては,賭博と同じです。宝くじがはずれれば,自動車事故に遭わなければ,人が一定の年齢までに死ななければ,かけたお金は帰ってきません。保険の場合は「賭け金」ではなく,「掛け金」と言いますけどね。