キンクスと打首獄門同好会


似てると思うのだ。キンクスと打首獄門同好会。

キンクスは、Face To Face, Something Else, Village Green Preservation Society あたりから路線を変えてくるのであるが、Sunny Afternoon(お天気日和の午後)、Afternoon Tea(午後の紅茶)、Picture Book(絵本)とか、ロックの歌詞としてはどうでもいいようなことを曲にしていた。

打首獄門同好会もどうでもいいことを思い切り歌うバンドである。88(お遍路)、フローネル(風呂入って速攻寝る計画)、島国DNA(日本の魚)など、どうでもいいことだらけである。

ところが、キンクスも打首も心を打つのである。

打首は、最近のバンドの中ではゴールデンボンバーに続いてはまってしまったバンドだが、ゴールデンボンバーとT. Rexはとても似ていると思ってました。キャッチーなメロディーに語感が両者共通していると思ってました。ただし、以下のように並べてみると、どこが似ているか、さっぱり分からないね。

結局、キンクスとかT. Rex とか抜け出せないのね。