指定未成年後見人

未成年の子がいて離婚し、自分が親権をとったとします。

子が未成年のまま、もし自分が死んでしまった場合、残された子供の親権はどうなるのでしょうか。

単独親権の場合、親権者が死亡した場合は、後見が開始します(民法838条1号)。離婚して一度親権を失った一方配偶者が直ちに親権者に復帰するわけではありません。その場合、あらかじめ親権者は遺言で後見人を指定しておきます(民法839条1項)。

もし離婚した一方当事者に親権をどうしても渡したくないのなら、この遺言で自分が信頼できる人を未成年者の後見人に指定することができるのです。

遺言で指定しなかった場合、家庭裁判所が指定することになり(840条)、一般には、離婚した一方配偶者が親権者として復活することになります。

投稿日:
カテゴリー: コラム