<軽犯罪法解説>潜伏の罪(1号)

「人が住んでおらず,且つ,看守していない邸宅,建物又は船舶の内に正当な理由がなくてひそんでいた者」(1条1号)

住居侵入罪(刑法130条)の拡大類型(補充関係)です。
「正当な理由がないのに,人の住居若しくは人の看守する邸宅,建造物若しくは艦船に侵入し,又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は,3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」

住居侵入罪の「侵入する」から「ひそむ」になっていますが,「ひそむ」とは,隠れて姿を見せないことであり,時間的継続が必要とされます。